emi-w 記事一覧


  • 花さんとうつわちゃん。-美藤圭さん作品-

    飛騨高山2015年より、兵庫県豊岡市に拠点を移し、彫刻活動をする美藤圭さん。 お会いしたのは1度きり。 しかし日々アップされるFBの作品やラフ画に、すっかりファンに。 特に心惹かれた作品が浅草に展示さ …

    続きを読む

  • その言葉の持つ力。

      梅雨の間は、気圧に振り回されて、それはそれはネガティブモードになります。 今年は、自分の存在価値が見いだせない日々が続いておりまして、心のある部分が枯渇した状態でした。   誰 …

    続きを読む

  • 日本には、仙人でいてほしい。

      テレビを観ながら、久々に泣きました。号泣です。 そこに映っていたのは、国会の一場面。 騒然とした音声を聞きながら、情けなくて、情けなくて、涙が止まりませんでした。 …あれは一体どこの国の …

    続きを読む

  • 大切な人を想うとき。ふと見上げる空。

      3度目の母の命日は、真夏のような高い空。   「あたたかい料理を供えることが供養になる」という言葉を思い出しながら、簡単なものをいくつか。 苦手な料理をゆっくりとでもする、この …

    続きを読む

  • ふるってふるって、こぼれ落ちた砂なれど。

      先日、とある場で、 再会した方がいました。   以前お会いした時のわたしは、今とは肩書きが違い、その方にとっては、使えない相手に映っていたのでしょう。 ○○長と名のつく方々に向 …

    続きを読む

  • 純白の世界

      雪の色が白でよかった、と思う瞬間。       ・・・他の色じゃ、耐えられない。  

    続きを読む

  • 祈りとか、願いとか。

      35歳からの数年間、 とても現実的な問題にぶち当たり続け。   考える余裕もなく、または、考えて正しい答えが導き出せることでもなく、ただただ選択をしていくような日々でした。 & …

    続きを読む

  • sabi-nuno - 先入観もふっとぶ、美しき錆染めの世界-

    元記事: 「sabi-nuno」~時と共に朽ち行く美を愛でる「錆染め」の世界 ※他媒体で執筆した記事を、もう少し深追いする「ふかおい記事」です。     錆を美しいと思う日が来るな …

    続きを読む

  • 繕い裁つ人、余韻醒めやらず。

    先週観てきました、『繕い裁つ人』。   昨年、予告で観たときから、絶対に観に行こうと決めていた作品。   数日経っても、あの世界観から抜け出せていません。   『繕い裁つ …

    続きを読む

  • 何も手につかない時は。

    新しいものを入れたいなら、 心にその場所を作らなくちゃ。 あれもこれもと焦っても動けないのは、 キャパオーバーしている証拠。 まずは、いちばん大きなその塊から。   昨日は、父の命日でした。 …

    続きを読む

サイト内検索

カテゴリー